記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朴大統領と共謀「親友チェスンシルの贅沢三昧」

韓国・朴槿恵大統領が国家機密を友人のチェスンシルに漏洩していた問題でチェスンシルがソウル中央地検に出頭。
チェスンシルに関しては国家機密を受け取っていた他に大統領府が後ろ盾となって作った財団を私物化し資金を流用した
疑いも持たれている。


■「チェスンシル」の贅沢三昧

朴大統領と共謀して複数の大企業に圧力かけて72億円が財団の資金源になっていた。
チェスンシルは、韓国で豪華すぎる生活の日々。
ソウル市内に地下2階7階建て約20億円の持ちビルを保有。

郊外に約27万㎡の土地東京ドーム約6個分を購入していた。 
現在この土地は、平昌五輪の用地になる予定となっている。
チェスンシルは、事前に五輪用地になる何らかの情報をつかんで格安で購入したと思われる。
現在は荒野の状態、今後間違いなく高値になることは間違いない。

さらにドイツ、フランクフルト近郊にも家がある。
現在、娘1人、孫1人、犬15匹、猫5匹と生活している。
娘は、馬術のアジア大会で金メダルを獲得する腕前。
娘に溺愛するチェスンシルは、1億円の馬を購入する。
馬術の練習用施設、約2億6000万円を購入。
さらにお世話する人のためにホテルの建物、約6300万円を購入。




■娘がライバルに敗北 大統領府が担当者を更迭

娘が馬術大会でライバルに敗北したことに対して大統領府から馬術協会に連絡、おかしいから判定結果を調査するように
指示する。
協会は判定結果には問題は無いと担当者に説明する。
大統領府(朴大統領)は担当者を更迭してしまう事態に。
もはや独裁国家か、王様気取りか。





■今後の捜査でどこまで明らかになるのか

ドイツの二つの財団、「ミル財団」Kスポーツ財団」ここに複数の大企業から72億円が流入、問題になっている。

さらに、チェスンシルの個人資産は数百億円といわれるが、それが財団資金に流用で問題になっている。

果たしてこの辺の問題がどこまで明らかになるのか、絶対にうやむやになってはならない。
今後の捜査の進展に期待が高まる。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。