記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハトの習性、「ハト」が地面に向かってつついているような行動は何、小石や砂を食べる理由は、鳩が生きていくための必要な行動

鳩は、いつも地面に向かって何かをしています。

ただつついているだけのようにも見えますが、何かを食べているようにも見えます。

当然エサも食べますが、実は、鳩は石や砂も食べています。

何故、石や砂を食べなくてはならないのか、まさか、お腹があまりに空きすぎて石まで食べてしまうのか、そんなことはありませんでした。

理由は、鳩は砂肝に小石や砂を貯めることで、食べたものを砕く歯の役割を果たしています。

鳩には歯がありませんが、歯の代わりになるのが、石を食べてお腹の中に貯めること。

歯を持たない動物の中には、このような種類も多く、また鳥類にも多く存在します。

石は砂肝に貯まっていきますが、そこに食べたものが入ってくると、石が歯の役割となり食物(種)などを砕き消化を助ける働きをします。

少しずつ石も磨り減っていきますが、食べたものと一緒に排泄されるので、また鳩は石を補充する必要があるために、石や砂を食べるということです。

つまり、鳩が石を食べる理由は、生きていくためには絶対に欠かせない行動のひとつということです。



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。