記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元日本チャンピオン、宇宙を夢見る豆腐屋の店主

文京区小日向茗荷谷にある、大正2年創業の「小林久間吉豆腐店」

デパートや文京区内の小学校に収める人気の豆腐店です。

現在は、4代目の主人小林秀一さん。

子供のころに見たハレー彗星に魅了され天文学者を夢見た秀一さん。

東京工業大学に進み隕石の研究をしていました。

その後は、豆腐屋を継ながらも手作りで望遠鏡を完成。

近所の子どもたちに宇宙の楽しさを伝えるために、月に一回豆腐店の屋上で天文観察会を開催。

実は、秀一さん大学卒業後からボクシングを始め何と日本チャンピオンにも輝いた、元日本王者ボクサー。

日本でもお馴染みの豆腐ですが、発祥地は何と中国だったのです。

日本の朝食の定番として豆腐の入った味噌汁やネギや鰹節をのせて醤油をかけて食べる冷奴など本格的に庶民の定番の食べ物として受け入れられるようになったのは、江戸時代からです。

次回開催、天体観望会「火星を見る会」
日程は、6月11日(土)19:30~21:00
場所は、小林豆腐店の屋上


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。