記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白赤のラビットが目印

小田原駅の東口から徒歩10分のところにある、暮らしの遊び「nico cafe」
築90年の古民家(元建具屋)昔の雰囲気は、そのままに残して再生してできたランチとお茶が楽しめるカフェ。

店内入口に白赤のラビット(バイク)が目印です。

店内はアンティークと昭和を感じる雰囲気がたくさん。

昭和生まれの人には懐かしく、昔よく見たものがいつの間にか周りから無くなっていることにも気づかずに長い間時間が経ってしまっていることを、でも、ここに来たらそんな思い出も記憶から蘇るのかもしれません。

まるで、実家に帰ってきたような、いごごちの良さの「nico cafe」のおすすめは、ご主人が作るサクサクの食感が最高の唐揚げが一押し。
サクサク唐揚げご飯800円は、ご飯は玄米が使われています。

満月の日だけ夜まで営業で、普段は、夕方までの営業です。



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。