記事一覧

“高畑裕太”事件当時の真実が明らかになる!

高畑裕太(22)が9日、不起訴処分で勾留先の前橋署から釈放された。弁護士とともに出てきた際、「このたびは皆様に多大なるご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございませんでした」と述べ、深々と頭を下げて謝罪しました。被害者女性と高畑裕太は、事件前からの関係!・2人の関係性は深かく高畑裕太は真剣な気持ちで交際を望んでいた。・被害者女性も気持ちを受け入れていた。・関係者スタッフらも承知していた。・被害者女性には...

続きを読む

店にとって都合のいい客を選別「パチンコの真実」

その人が、今までいくら勝ったのか負けたのか、何日店に来店してその日に何の台を何時間打ったのか、事細かくデータとして店は管理します。それは店にとって都合のいい客を選別する為のデータ取りなのです。更にそのデータを元にホルコンによって日々の売上げの管理と調整を行い、目標達成を目指します。パチンコで勝つという考えは捨ててください。...

続きを読む

残り500円で大当たり「パチンコの真実」

残り500円で大当たりすると、そのイメージが焼きつく一度良いことがあるとまた起こると思い込み打ち込んでしまう。それも店の戦略です。一万円入れます、残り500円で当たるとやっぱり打っていて正解だったと思う人がほとんどですが、それも店の戦略なのです。しかし、そこまで打っていても毎回そこでは当たりません。結局一万円なくなります。そして以前の良いイメージを思い出し、また一万円投入すると最初の500円や1,000円で当た...

続きを読む

「パチンコの真実」ホルコンは、人の動きを見て予測!

例えば、あるシマがあまり出ていません、そうするとホルコンは、その島に強制的に大当たりを起こします。そこを目にしたお客は当然足が止まり、そのシマで打つ気持になります、しかしそれは店の戦略なのです。リーチになってながい演出や、短い演出はこのホルコンの仕組みが大きく関わっています。リーチ演出や一発告知、さまざまな演出はこのホルコンが考えて帳じりを合わせているのです。このような事が、パチンコ屋のシマでは日...

続きを読む

「パチンコの真実」パチンコは、確率を引く遊びではない!

店には、ホルコンと呼ばれる機械があり、それが店の売り上げを常に自由自在にコントロールしています。このホルコンは、その日の売り上げの金額を打ち込む事によって、閉店までに必ず目標を達成します。自力で当たりを引くということは、ありえません。ホルコンの指令がない限りその台は当たらないのです。店が今日は、出すか出さないか全て店次第なのです。波がきている、データがいい、釘がいい、全く関係ありません。...

続きを読む

「パチンコの真実」その日に負ける人は全体の8割

絶対、勝てません。そもそもパチンコ屋は、売り上げの2割しかお客には還元しません。8割の人は確実に負けます。負けて当然なのです。2割の人はその日は勝てますが、その日だけ勝っても次の日も常に2割のグループに入らないとパチンコでは勝てません。そして半年、一年と打ち続けることで確実に数十万から数百万円負ける仕組みになっています。決してあなたの打ち方や考えなどが間違いで負けてしまうのではないのです。...

続きを読む

パチンコの真実

パチンコで確実に勝つ方法があるならば大変な事になりますし、パチンコ業界は存続できません。自分の引きが良かったから、またデータが良かったから、釘が良かったからなどと思わないで下さい。同じ考えで打ち続けても、その後は必ず負けが続いてきます。なぜか、それは普通の人間がパチンコを打つと負けるようにできているからです。普通の人間とは、平凡な意味ではなく、普通にまともな考えや、行動、常識ということです。この普...

続きを読む