記事一覧

昔懐かしいラッパの音色

昭和の時代、庶民に豆腐を売りにまわる豆腐屋は、必ずラッパを吹いてトーフ、トーフと奏でながら売り歩いていました。しかし、いつの間にかそんな風景も無くなりつつあります。港区芝大門浜松町にある、創業60年の「日本教育楽器」では、ハーモニカを造っていましたが、昭和の時代の「豆腐屋のラッパ」が絶滅の危機になってしまい、そこに立ち上がったのが「日本教育楽器」です。ハーモニカ作りを応用すればラッパも造れるとチャレ...

続きを読む